増えてきた中高一貫校を中学受験で突破するには

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

進学を目指した中高一貫教育が人気です。
メリットは、大学受験という目標を狙い定めて中学校から教育を行えるところで、実際にその内容は一般の中学校に比べてかなり独自色が濃いものとなっています。
実際に有名大学の合格率が非常に高いため、今はこの中高一貫校に非常に人気が高まり、したがって中学受験をする率が高くなっています。

中学から入学した方が学力的な競争の点では楽だと言われますが、その理由は、中学校の学科過程よりも小学校の方が簡単であるということと、一般的に受験と言えば高校受験からであり、中学受験をしようと考えるご家庭がまだ少ないということがあげられます。

しかし逆にいうと、中学受験個別指導塾をするご家庭というのは教育意識が高く、大学受験まで視野に入れて小学校時代の勉強をしてきたということですから、確かに入試問題の難易度は高校ほどではありませんが、非常に高いレベルにおける競争なのです。

中学受験でもっとも大切なのは、受験する本人のモチベーションでしょう。
親が先々の心配をして受験させて受かったが、入学後についていけなかったというのは珍しくありません。
そういう生徒を見分けるために、進学を目指した中高一貫校の中学受験では面接と内申点が重要視される傾向にあります。