中学受験に関する概要

全国の中学には、公立と私立の中学があって、たいていの子供は公立の中学に通う事が普通です。公立の中学は、国の運営によって学校の運営がなされている事と中学が義務教育の一環として取り扱われている事から公立の中学に行く場合は、中学受験を受ける事はないのです。しかし、私立の中学の場合は国の支援を受けないで学校自身が運営しているために、受験を設けるかどうかに関して学校が自由に取り決めを行う事ができます。私立の中学校に入学する場合には、ほとんどの私立の中学が受験の制度を設けています。
私立の中学校に行く目的は、子供や保護者によって様々な理由があります。例えば、将来的にエリートの道に進みたいと考えている人は、中学での教育のシステムが整っている私立の中学に進学するケースが多いのです。従って、私立の中学に通うための受験勉強の対策を小学生のうちから行っているのです。
私立の中学の中でも、全国で難易度の高い私立の中学に進学すると、将来は国家公務員のエリートなどに就職したり、一流の商社などに就職するきっかけをつかむ事が多いのです。中学受験に関しては、一般の学力のテストより難易度の高い問題が出るので、相当な勉強量が必要です。

2014年4月16日

中学受験に備えて情報収集を

中学受験というものは、人生でも一度しか体験することのないものです。大学受験とは違って浪人することが出来ないので、しっかりと事前に準備をしておかないといけません。そして、園準備をするのは当然、子供の親がすることになるのです。親がしっかりと準備をして、そこから子供が受けやすい環境を用意してあげること、これが中学受験を成功させる方法なのです。
では、どのような準備をしていればよいのでしょうか。まず、最も良い方法は、実際にその学校の中学受験を体験した家庭に誰か知り合いがいることです。実際にはどのような問題が出るのか、どのような学校なのかなど、聞いておきたいことはできるだけ聞いてみましょう。また、小学校の先生や、子供が通っている塾があれば、そこの先生に聞いてみるのも、ひとつの方法です。
また、インターネットからも、情報を集めておきましょう。インターネットには莫大な量の情報が転がっているので、そこから受験に対するヒントが落ちているかもしれません。ただし、インターネット上には嘘も紛れているので、その見極めは必要です。
中学受験をする学校、そして中学受験自体について知っておくことは、中学受験を受ける前準備として必須のことなのです。

2014年4月15日

中学受験のための塾選び

中学受験を受ける小学生のほとんどは塾に通ったり家庭教師をつけたりしますよね。塾にもそれぞれ特徴がありますので子供にあった塾選びをしなければなりません。
多く塾を経営している大手の塾もあれば小規模の塾があります。大手の塾ならば口コミなどで特徴を知ることができますが、それぞれ通う前に体験してみたり相談してみたりして特徴をつかむことが大事です。
集団で指導をする塾、個別に指導をする塾などがあります。大手の進学塾は受験の情報がとても豊富で、出題傾向もよく把握されています。クラスは学力に合わせて分かれているので、子供のレベルに合った授業を受けることができます。小規模の塾では大規模の塾に比べるとクラスの人数が少ないので購師と生徒の距離が短く丁寧に教えてもらえるという傾向があります。個別で指導する塾は料金が高めではありますが、大勢の前で発言するのが苦手な子やじっくり自分のペースで勉強に励みたい子に合っています。
多くの塾では体験授業を行ったり、説明会などが実施されています。保護者の方は説明会では疑問に思ったことはきちんと質問をしておきましょう。塾に通うのは子供さんです。お子さんが気に入らなければ学力が伸びることに期待はできません。体験授業を受けからお子さんの意見を尊重して塾を選びましょう。

2014年4月8日

模擬試験と中学受験

中学受験のために学習塾へ通っていると定期的に模擬試験を行います。模擬試験をすれば其のテスト結果が気になります。中学受験での模擬試験の結果はあまり気にしないように。子供よりもテスト結果を気にしてしまうのは親の方。希望校の合否判定が出ている場合A判定で80%以上合格率があれば安心しますが、C判定などの場合、合格率は一気に下がります。こんなことでは受験に失敗するよと子供に発破をかける親もいるでしょう。受験勉強をしていても所詮は小学生の子供。あまり親からプレッシャーを掛けられると心の負担に感じて、勉強をしたく亡くなるでしょう。たとえ野技師県の結果が40%以下であっても子供の学力は急激に伸びることがあります。受験シーズンには実力がアップし、合格に結びつくこともあるのです。あまりに模擬試験の結果のみを気にするのは子供のためにも止めましょうね。模試の結果に一喜一憂しないことが大切。結果が良かったからといってあまりに喜びすぎると子供は勉強しなくても大丈夫かもしれないと気持ちが緩んでしまうころも。たとえ良い結果が出たとしても今まで通りの学習習慣を続けることが大切です。子どもの信じて気長に構えることも、必要ですよ。たとえ失敗してもいいという気持ちで受験勉強を見守りましょう。

2014年4月1日