模擬試験と中学受験

このエントリーをはてなブックマークに追加

中学受験のために学習塾へ通っていると定期的に模擬試験を行います。模擬試験をすれば其のテスト結果が気になります。中学受験での模擬試験の結果はあまり気にしないように。子供よりもテスト結果を気にしてしまうのは親の方。希望校の合否判定が出ている場合A判定で80%以上合格率があれば安心しますが、C判定などの場合、合格率は一気に下がります。こんなことでは受験に失敗するよと子供に発破をかける親もいるでしょう。受験勉強をしていても所詮は小学生の子供。あまり親からプレッシャーを掛けられると心の負担に感じて、勉強をしたく亡くなるでしょう。たとえ野技師県の結果が40%以下であっても子供の学力は急激に伸びることがあります。受験シーズンには実力がアップし、合格に結びつくこともあるのです。あまりに模擬試験の結果のみを気にするのは子供のためにも止めましょうね。模試の結果に一喜一憂しないことが大切。結果が良かったからといってあまりに喜びすぎると子供は勉強しなくても大丈夫かもしれないと気持ちが緩んでしまうころも。たとえ良い結果が出たとしても今まで通りの学習習慣を続けることが大切です。子どもの信じて気長に構えることも、必要ですよ。たとえ失敗してもいいという気持ちで受験勉強を見守りましょう。

2014年4月1日