中学受験の個別塾は進化中

中学受験を選択する子供は首都圏を中心に増加傾向にあり、そのためかこの五年ほどで随分勉強法もバラエティーが出てきたようだ。
中学受験の勉強法といえば受験指導に定評ある集団指導の塾に通いつめ、クラス中で切磋琢磨して高みを目指していく、というのが定石であろう。どちらかと言うと所謂「個別指導」は例外的位置付けでななあり、またを、費用の面でも突出してかかるというのが常識としにて認識されていたと思う。
だが最近ではこの、「中学受験に向けた個別指導」を行う塾が格段に増えて来ている。そして合格実績もけして集団で切磋琢磨する塾にひけを取らないものを出している。
増加の背景には、中学受験をする子供の多様化が考えられよう。塾の滞在時間の長さや「塾弁当」に馴染めない子供、集団に飲まれてしまう子、今までなら他に選択肢がないがゆえに受験勉強そのものに加えたストレスを抱えて苦戦を強いられざるを得なかった子供へのニーズ、また、比較的時間割に自由度が高いため多忙な家庭の負担がより少ないものでもある。何よりもニーズを察知した受験指導塾が価格もカリキュラムも納得がいくものを次々と打ち出していることからも、個別指導塾が中学受験勉強法の選択肢に完全に入ったことの現れであろう。今後ますます良い意味での競争が期待される。

2014年4月22日

受験勉強はテストの繰り返しです

受験対策を考えていたら、いくつかの学び方があるのです。学び方の1つとして、中学受験の個別指導塾に通うことを考えているかもしれません。中学の受験の個別の指導塾に通う時には、入塾テストをうける塾が大半です。入塾テストをうけて、自分の学力がどの程度なのかを把握しなくてはならないからです。入塾テスト対策に勉強を始める子もいます。
入塾テストの成績によって、どこのクラスに入るのかも変わってきます。いいクラスに入りたいので、入塾テストでいい成績を取ることが必要なことなのです。入塾テストだけではなくて、中学受験の個別指導塾では何回かテストをやります。テストをやって、学習の進み具合や分からないポイントをチェックしていきます。塾に通ったら、年中テストを受けることになります。
受験の本番でもテストをうけなくてはならないので、テストに慣れておくのも意味があることです。テストをうけて緊張をして、思うような結果が出なかったら困ります。自分の実力がテストで十分発揮できるためには、何回かの模擬テストで鍛えておく方法がいいでしょう。受験勉強では、テストの繰り返しで実力を高めていかれます。毎回のテストで緊張をして実力が出せないと、勉強をした成果が反映されません。

2014年4月10日

中学受験については小学校4年生から準備を

中学受験については小学校4年生には準備を開始することをおすすめします。中学受験は想像以上に大変です。小学生でも中学受験を控えた6年生は特に、精神的にもぴりぴりしています。
学校で習っている内容が良くできる子であっても子供にとって受験はすごいストレスなのです。ストレスを軽減して気持ち的にも楽にしたいところですよね。
中学受験については、塾へ通うことも大事な要素です。中学受験イコール塾といった連想は欠かすことができません。中学受験は学校のカリキュラムだけでは足りず、特殊なジャンルもこなさなくてはなりません。
「高校受験より中学受験の方が難しい」と証言する人もいるほどです。
そのためかなりがっちりやらなきゃならないことは、ご理解いただけるかと思います。
それはさておき、塾は集団体制の塾と個別指導塾がありますよね。個別指導塾については苦手科目や受験必須科目を中心に指導してくれるため、カリキュラムとしてもピッタリな内容といえます。カリキュラムは大事であり、また先生との相性も欠かすことができません。これらを見極めて小学校4年生から準備はスタートさせたいところです。準備をしっかり行って、受験体制を整えていきたいところです。

2014年4月3日